--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.23
Fri
復活メンテ講座!

前のパンクの修理方法をご紹介した時コメントにタイヤの着脱から!というのをいただいたので今回は着脱してみます。


たいていのスポーツ車(でいいのかな?)はほとんどのものがクイックリリースという工具不要でタイヤが着脱できるようになっています。
今回はこのクイックリリースのタイヤを着脱してみたいと思います。

SN330678.jpg



?条件?
○クイックリリース式
○Vブレーキ

?工具?
○不要

まずはリアのギア(ディレーラー)を重く。
フロントも重く。(中にはフロントギア(ディレーラー)は軽くするという方もいます)
しておきます。

次にブレーキワイヤーをはずします。
↓がVブレーキ

DCP_3266.jpg




矢印の方向に向かって押します。
画像を見ると片手でやってますが、写真を撮るためなので両手でやってください。

20070223223747.jpg




上の画像のように押したまま、青○の部分を引き上げると赤○の所のように取れます。
これでブレーキワイヤーははずせました。

20070223223752.jpg




次にタイヤをはずします。ここでは自転車をひっくり返しておくといいと思います。

SN330655.jpg





はずすのが難しいリアタイヤをやってみます。


クイックリリースはただまわして締めてあるわけではありません。
↓の画像の赤○の所がみそなわけです。

20070223230431.jpg



最初に↓の画像のようにクイックリリースのレバーを起こしてください。
これだけでかなり緩んだはず。
ほとんどこれだけでタイヤは付いてます。
あとは反対側のねじを軽く2回転くらいさせます。

20070223223706.jpg




そして問題のギアの部分です。
最初に手(手袋してたほうがヨイ)でギアを矢印の方向へ持ち上げる。

20070223223715.jpg



持ち上げた上体でタイヤをきも?ち斜めに(矢印の角度へ)引っ張る。
このときクイックリリースがしまってたり、ブレーキに引っかかったり、ねじまわしが2回転じゃ足りなかったりして取れないこともある。

20070223223722.jpg


これだけでタイヤは外れました。
リアタイヤは慣れるまで時間がかかるかもしれないけど、フロントタイヤならギアが無いので簡単に取れます。


今度はタイヤをはめます。

基本的に上の全く逆をやれば言いです。
リアの場合(ギアあり)はチェーンの輪の間にスプロケットの一番小さい歯車にかけること。

そしてクイックリリースはどうやって締めるかというところをやります。ただしここからは自己流です。
↓の画像のようにレバーをフォークに対して直角にし反対側のねじを締めるだけ締める。
あとはレバーを倒して締めます。

20070223223733.jpg




こんな感じで手に少しあとが出来るくらいがいいと思います。

20070223223740.jpg



最後にこれカンジン!!
ブレーキワイヤーをつけること。
これは上のほうでやったことの全く逆です。


何回かやってみてコツをつかんでください。

遠出のとき、車に自転車を乗せる作業をお父さんばかりに任せずにやってみてくれ!チビッ子どもよ!
スポンサーサイト
comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://chariderksuke.blog63.fc2.com/tb.php/171-6acfb531
トラックバック
コメント
 Fディレイラーはメンテ時はインナー、輪行時はアウターにしてリヤホィルを外してます。
メンテ時インナーにするのは単純にチェンが緩んで着脱しやすいからです。
輪行時はチェンホィールのギザギザでのケガ防止と輪行袋の保護、チェンホィール自体の保護の為にアウターに入れていきます。
緩んだチェーンがぶらぶらしてフレーム等を傷つけるのも防止できます。
木林 | 2007.02.24 12:27 | 編集
いつも補足ありがとうございます!

とっても勉強になります
これからもよろしくお願いします
Kスケ | 2007.02.25 22:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。