--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12.31
Sun
今年も残すところあと3時間を切りました。
そこで、ねたにしようと思ってたんだけど、書くのを忘れたねたを公開します。

父の黄色いGIANT。
最初フロントフォークはリジットだったんですが、途中でサス付きに変えました。
そのサスが冬になるとおかしなことになるのです。


中はエラストマーが入っているタイプで、夏は何てこと無いのですが、冬になると、サスが無い状態になるのです。
もともとストローク量が40mほどしかないタイプで、冬に倉庫から出すと、40m縮んだ状態で、ハンドルを持ち上げるとサスが伸びるのですが、また降ろすと縮んでしまいます。
エラストマーどっかおとしたの?って感じ。
バネの部分がどっかいっちゃった?っていうかんじ
まぁ父も3年くらい前にランドナー“ALPS”をかってサスなんていらねぇよ!って人に変わったのでもともと付いてたリジットフォークに交換。
って結局交換するのはオイラみたい、恩という見えない鎖で縛られてるからしょうがないかぁ・・・

とりあえず、ヘットをはずして見たんだけど、すべてが硬い・・・
もう7、8年くらいつけっぱなしで油ひとつつけた無かったからスペーサーなんか全然取れん!とりあえずCRCを塗って待つ・・・
何とか金槌でたたきながら取れました。
あ、ここでひとつ、取る所の写真撮り忘れました。すいません

次はリジットフォークをはめる。
これは取る時と比べたら、まぁすんなり行きました。

DCP_2982.jpg


でもやっぱり金槌はかかせない

ベアリングに油をべっちょり塗ってリジットフォーク投入

DCP_2983.jpg


DCP_2986.jpg


スペーサーをかまして、ステムをつけて、ヘット取り付け完了

DCP_2988.jpg


K「ヘットのねじ思いっきり締めといたほうがいい?」
父「取れないようにしといてくれい!」
K「OK。思いっきり閉めてハンドル左右に動かなくしてあげるよ!」

なんて会話をしながら何とかブレーキもつけて完成。

サスはなくなっちゃったけど軽くなってよかったじゃん!
スポンサーサイト
comment 2 trackback 0
トラックバックURL
http://chariderksuke.blog63.fc2.com/tb.php/146-4128109d
トラックバック
コメント
 ステムの固定ネジは思い切り締めてもいいけど、いわゆるヘッドのネジ(縦長の写真でアレンキーを突っ込んでいる所)は“ほにゃ~”としとかないとダメです。
 ベアリングがガタつかないようにプレッシャーをかけるだけのネジですから締めすぎるとボールレースに傷がつきます(虫食いという)。
木林 | 2007.01.01 07:56 | 編集
ちゃんと上のネジはホニャ~としめてステムの横のネジはカッチンカチンに閉めました
Kスケ | 2007.01.01 08:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。