--.--
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11.25
Sat
新車完成しました。

SN330427.jpg



6月のフクイサイクルボーナスセールで¥36,000で買ったフロントショック付きフレーム
SN330049.jpg



リムはSUNRIMS
SN330051.jpg


ギア、ブレーキはSHIMANOディーオーレLXだけど、ハブはXT!!どこまでも転がっていきます
SN330052.jpg




今回苦戦した油圧式ディスクブレーキ
SN330429.jpg



今の気持ちは。
うれしい!うれしい!うれしい!うれしい!うれしい!うれしい!うれしい!うれしい!うれしい!うれしい!

最初なのでハードなことはまださせてません。
もう少ししたら、ハードなダート走ってみたいです。

?使ったお金?

フレーム(ショック付き)    ¥ 36,000
ホイール            ¥ 19,800
コンポーネント(ギア+ブレーキ)¥ 43,000
その他(ペダル、ハンドル等々) ¥  5,300(←くらい)
タイヤ、チューブ        ¥      0(←タイヤはmオヤジさんからいただきました)
???????????????????????????
合計              ¥104,100?

今改めて計算したら10万してるじゃん!!!
自分でもびっくりしました。
それにディスクブレーキを取り付けるとき、オリーブという部品を一度破損してしまい上の会計報告+150円というところです。
スポンサーサイト
comment 6 trackback 0
トラックバックURL
http://chariderksuke.blog63.fc2.com/tb.php/133-181b6c3b
トラックバック
コメント
思ったよりクロカン風に仕上がりましたね。
このフレーム形式はサドルの上下調整幅が大きく取れるので色々なポジションが作れます。
ホルストリンクで登りも強そうだし。
苦戦した油圧ディスクは今後も面倒くさいので覚悟してください。
倒立させないで輪行袋に収める方法を考えましょう。
パッドの間に挟むスペーサーは輪行時必要なのでなくさない様に。
木林 | 2006.11.26 00:52 | 編集
そうなんですよ
フクイサイクルいわくクロカンよりフリーライド系に近いということだったので乗ってみても登りもグイグイ登っていくのでクロカンに近くチャリ列にはうれしいです
所でホルストリングって何ですか?

やっぱり油圧は年に1度くらいオイルやらホースやら交換したほうがいいのでしょうか?

輪行時は前輪のみ外すタイプの輪行袋を使おうと思います。
そうすればひっくりかえさずにすむので・・・
スペーサーは大事にとっておきます。
でもこうぞうじサイクルさんに言われちゃいました。スペーサーはさむのは最初だけだよ。それが自然の法則って
三日坊主なので自然の法則でそうなるかも・・・(^_^;)
Kスケ | 2006.11.26 08:23 | 編集
クロカンって何ですか?
ニワトリ | 2006.11.27 22:27 | 編集
クロカンてのはクロスカントリーの略でXCとも略されます。
競技としてのMTBの一分野で下りに特化したD系(DH・デュアルスラローム・ダートジャンプ)に対して、登りを含むコースで長距離、長時間行われます。
当然マシンも登りまったくダメなD系に比べ実用的というかツーリングにも使いやすい物になっています。
で、ホルストリンク(「グ」ぢゃなくて「ク」)ってのはリヤエンドのすぐ前のチェンステイ上にあるリヤサス用リンクです。
この小さなピヴォットがあるとなしではコギの軽さが全然違ってきます。
小難しくいうとこれがあることによってバックフォーク全体がダブルウィッシュボーンというか変形パラレルリンクを形成する訳なんやね。
変形でなくちゃんと平行四辺形にしたら良いのにと思いがちですが、そうするとパラレルの一辺にブレーキが乗るのでサスが動くとブレーキの動きが変になる、またはブレーキをかけるとサスが変に動く(あるいはまったく動かない)特にデスクブレーキではその傾向が顕著なので一生懸命考えてその形になってるンやね。
木林 | 2006.11.27 23:49 | 編集
クロカンはよ~くわかりました。D系とかあるんですね。しらなかった。ありがとうございます。
でも、ホルストリンクは「ん・・・???」要するに、地面に対して垂直な直線を描くようにしたいんですよね?ホルストリンクが無い場合は、弧を描いてしまうということですよね?
Kスケ | 2006.11.28 22:48 | 編集
当たらずとも唐辛子。
弧をえがく=円運動をする事に違いはないのですがその円の大きさと中心位置(仮想ピヴォット)を設計時にコントロールできます。
サス作動時にホィールがパラレルに動く為、ペダルを踏み込んだ時にチェンに引っ張られてリヤセクションがおじぎして動いてしまわない⇒登り=コギに強いわけです。
それから油圧ディスクですが、私は年に4~5回くらいしか乗らないのでオイルの継ぎ足ししかやりませんが君のばわいかなり頻繁に乗るのだろうからオイル交換パッド交換とリセット、下手するとローター交換とか必要でしょう。
ホースは何かに引っ掛けて引っ張ってしまったり折れ癖がついたら交換です(当然オイル交換エア抜きを伴います)。
ステンレスメッシュとかに換えるとレバータッチはよくなるらしいけど所詮消耗品だし重そうなので金かける気がしません。
木林 | 2006.11.29 22:20 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。